ブロック塀診断

ブロック塀診断

ブロック塀は
最新の建築基準法に
合っていますか?

ブロック塀診断のイメージ

頑丈に見えるブロック塀やフェンス塀・門柱が、地震によって倒壊するケースがあります。

ブロック塀は建築基準法等で設計・施工方法が定められている建築物です。そして、近年の地震の見地から、ブロック塀の建築基準はより耐震性に配慮された基準に変わっています。

しかし、経年変化によるブロックの老朽化や、現行基準以前の基準で施工されたものなどが、地震などで倒壊するケースが近年増えています。

日々の安全・安心な暮らしを守るため、ブロック塀の診断を行ってみてはいかかでしょうか?

専門的な知識と技術を身につけた「ブロック塀診断士」がご相談を承ります。

お気軽にご相談くださいませ。

ブロック塀診断士

豊造園には、ブロック塀診断の有資格者が在籍しています。

ブロック塀の外観はもちろん、外観からはわからない構造上の状況も診断いたします。

お気軽にご相談くださいませ。

佐渡山安博
小野由紀子
小野内俊介

※「ブロック塀診断士」は、平成7年10月「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(法律123号)が制定されたのを受けて、 平成10年4月、既設のブロック塀等の性能評価を行う者の資格を認定し、地域の行政庁との緊密な連携のもとにブロック塀等の危険個所の 改善の為の指導を行い、地震・台風におけるブロック塀等の災害を防止することを目的として制定された制度です。

フリーコール 0120-29-4128