名古屋市千種区 - 人工木デッキ「ひとと木」のウッドデッキ工事

人工木デッキ「ひとと木」のウッドデッキ

工事仕様:三協 ひとと木 特注サイズ 600*5500 チャコールブラック 防草シート ミカゲ砂利敷 工事住所:名古屋市千種区

chikusa10-280x183

木のぬくもりを感じることができる天然木のウッドデッキ。でも、雨や風にさらされるウッドデッキは、定期的にメンテナンスが必要です。
メンテナンスは大変そうだし、どうやったらいいのかもわからない・・・。そんな方には、木粉を50%以上配合し、温もりある柔らかい質感を再現した、ウッドデッキはいかがでしょうか。

 

写真のお庭に設置したのは、三協アルミの「ひとと木」」は、ポリエチレン樹脂に木粉を配合した人工木デッキです。
天然木の風合いを再現しながら、耐候性、耐久性に優れているという特徴があります。経年劣化による色あせが少ないので、定期的な塗替えの必要が無く、設置した当初の状態を維持してくれます。
また、ささくれなどがないので、小さなお子様が裸足で歩いても安心です。傷がついてもワイヤーブラシで容易に補修できるのも、お子様を持つお母様には嬉しいポイントです。さらに、天然木と同等の加工性があるので、切断や穴あけ、ビス打ちができ、様々な設置条件に対応できます。

 

写真のお庭のデッキは、幅が5m50cm、奥行が60cmです。デッキというより濡れ縁に近いでしょうか。
シックな色味のチャコールブラックが、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。家族みんなで腰掛け、夕涼みやお茶タイムを楽しめそうなお庭です。

その他のウッドデッキの施工事例

名古屋市千種区 には沢山の施工事例が存在しています。お気軽にご相談ください。

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

ページトップへ