スタッフブログ - これからのエコかっこいい!

これからのエコかっこいい!

2013-12-10

名古屋都市センターで開かれている、夜間連続講座「これからのエコかっこいい!」に参加してきました
第1回目のテーマは「品」。
ある商品がもととなって、地域の活性化や環境教育、そして心豊かなくらしを生みだしていく・・・そんな、ものづくりを取り巻く新しい取り組みを学んできました
最初の講師は、非可食のトウモロコシや大豆といった天然素材から生まれたエコロジーな布や、天然由来の染料を使ったエコロジーなファッションを発信しているECOMACOの代表、岡 正子さん。
eco_convert_20131210094637
ECOMACOの商品はみな優しい色をしています。
中でも印象的だったのが、動物園で開催したというキッズファッションショーの話です。
動物園で飼育されている、ひつじのポポロンから刈り取った毛を使ってできた、岡さんデザインの衣装を着ることをきっかけに、子供たちが服の成り立ちを学び、自然への興味を広げる事を狙ったファッションショーなんです
衣・食・住のなかで、「食育」という言葉には馴染みがある一方、ファッション(衣)と環境教育という組合せに、最初はあまりピンときませんでしたが、考えてみれば基本は食もファッションも同じ。
いつも使っているもの(食べているもの)が何からできているのかを知ることって、豊かな想像力を育むためにとても重要なことなんですよね
和食文化を伝える事が、自然と共に生きる精神を育むように、エコロジーなものづくりは、人から人へ伝えていくことで自然と持続可能な社会を作るための教育に繋がるということなのでしょう。
・・・そして、次は新進気鋭な桝のデザインで話題の、桝工房桝屋(岐阜県大垣)・大橋博行さんのお話へ。大橋さんは、まさに日本に昔から伝わる伝統のものづくりを今に、そして世界にまで伝え広めている方です。
五角形のものや、塗りを施したものなど、桝工房桝屋の桝は新しい発想がいっぱい
下の写真の桝はなんと、あのポール・スミスでも売られているというのだから驚きです!
___convert_20131209221524.jpg
IT系という他業種で得た経験から、他にない発想力と発信力で大垣の伝統的な産業をパワーアップさせ、地域おこしにまで発展させている大橋さん。これからも、どんどん日本や大垣の魅力を発信し続けていただきたいですね
今回この講座に参加し、岡さんや大橋さんの話から、ものづくりの環境教育的な可能性や、伝統に新しい視点や発想をプラスすることで生まれる無限の可能性を感じ取ることができました。
古くからある伝統や良い習慣を「かっこいい」とか、「エコ」という新しい視点を持って今の暮らしの中に生かしていくことができたら、きっともっと豊かな暮らし方ができそうですよね
のある暮らしもその中の一つ。
私たちも、「エコかっこいい!エクステリア」を目指していこうと思います
豊造園HPはこちら
豊造園 / エクステリア(外構)ガーデン(庭)などの外まわりの施工・造園を承ります
ロゴ

一覧へ戻る

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

ページトップへ