名古屋市千種区 - タマリュウ・ピンコロ石を活かしたアプローチ工事

タマリュウ・ピンコロ石を活かしたアプローチ

工事仕様:鉄平石、サビミカゲピンコロ石、タマリュウ 工事住所:名古屋市千種区

アプローチ

アプローチ

方形の鉄平石の列の間に、サビミカゲのピンコロ石とタマリュウを交互に配置したアプローチです。
鉄平石は安山岩の一種で、石質は硬く、耐火性、耐侯性、耐重性、そして耐酸性に優れている石材です。暗緑色が多いのですが、赤味を帯びたサビ鉄平石は、洋風のお庭にも合います。
天然素材である鉄平石は、厚さや色合い、表面の微妙な凹凸などが一枚一枚すべて異なります。時が経つほどに場となじみ、暮らしの風景として味わいを増していきます。

 

サビミカゲのピンコロ石は、薄茶色の色斑が錆に似ていることからサビミカゲと呼ばれる石を、9センチ角のキューブ型に切り取った自然石の石材です。石質は緻密で硬いことから、古くから石材として利用されてきたポピュラーな石です。

 

その鉄平石とサビミカゲのピンコロ石を敷いたアプローチに、色を添えるのはタマリュウです。
タマリュウは日陰でも充分育ち、踏圧にも耐える植物です。和の雰囲気がある鉄平石とピンコロ石、タマリュウの組み合わせですが、方形を列を揃えて配置したり、ラインを強調することで、和風にも洋風にも見える和洋折衷な雰囲気になっています。
だからこそ、庭石を用いた和風な植栽と、洋風なウッドデッキを違和感なく繋ぐことができるんですね。

その他の自然石・飛び石の施工事例

名古屋市千種区 には沢山の施工事例が存在しています。お気軽にご相談ください。

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

ページトップへ