名古屋市中川区 - 濡れ鷺型灯籠工事

濡れ鷺型灯籠

工事仕様:濡れ鷺型灯籠、木曽石組、木曽石飛石 工事住所:名古屋市中川区

濡れ鷺型灯籠

濡れ鷲型灯籠のある和庭です。

 

灯籠とは、元来神前や仏前に灯火を献ずるためのものです。石灯籠が、照明と添景のため茶庭に取り入れられられるようになった後、庭園の添景物として用いられるようになりました。
「実」から「実」と「美」へ、そして「美」のみに役割が変化してきたのです。

 

石灯籠の標準的な形は標準型は、上部から、玉ねぎ状の宝珠(ほうじゅ)、火袋の屋根になる笠(かさ)、灯火が入る火袋(ひぶくろ)、火袋を支える中台(ちゆう だい)、それらを支える柱の竿(さお)、最下部で足となる基礎で構成されます。また、石材は、御影石が最も多く使われています。

 

石灯篭には様々な種類がありますが、写真のお庭に置かれている石灯篭は、濡れ鷲型灯篭です。濡れ鷲型灯篭は、楕円を半分に切ったような笠が、霧雨の中に立つ鷲の姿を連想させることから、こう呼ばれています。
笠には6本の筋が付き、四角い露盤の上に先の尖った宝珠がのっています。竿と呼ばれる最も長い柱の節が、中央で外側に膨らむのも濡れ鷲型灯篭の特徴です。

 

この石灯篭は、幅の広い和庭のフォーカルポイントの一つになっています。優雅なその姿は、風景に趣を添え、庭全体を格調高いものにしています。

その他の灯篭・蹲・獅子脅しの施工事例

名古屋市中川区 には沢山の施工事例が存在しています。お気軽にご相談ください。

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

ページトップへ