名古屋市名東区 - 存在感のある照明器具 水蛍灯篭工事

存在感のある照明器具 水蛍灯篭

工事仕様:水蛍灯篭、水鉢 工事住所:名古屋市名東区

水蛍灯篭、水鉢

蹲の横に設置した石灯篭が、印象的な坪庭です。
灯籠とは、元来神前や仏前に灯火を献ずるためのものです。石灯籠が、照明と添景のため茶庭に取り入れられられるようになった後、庭園の添景物として用いられるようになりました。
「実」から「実」と「美」へ、そして「美」のみに役割が変化してきたのです。

 

石灯籠の標準的な形は標準型は、上部から、玉ねぎ状の宝珠(ほうじゅ)、火袋の屋根になる笠(かさ)、灯火が入る火袋(ひぶくろ)、火袋を支える中台(ちゆう だい)、それらを支える柱の竿(さお)、最下部で足となる基礎で構成されます。また、石材は、御影石が最も多く使われています。
石灯篭には様々な種類がありますが、写真の石灯篭は水蛍灯篭(みずほたるとうろう)と呼ばれるものです。基礎はなく竿は円柱形で、中台より上は方形です。火袋は前後に四角の火口と両側に小さい三角形の穴を二つ重ねた形が特徴です。
水辺に設置されることが多く、火を灯すと水面に映った灯火がゆれてきらめく様子が蛍のように見えることから、この名が付けられました。
蹲とともに置かれた石灯篭が、坪庭に趣を与えています。経年変化により苔がつくと、より趣深くなり味わいが増す坪庭です。

その他の坪庭の施工事例

名古屋市名東区 には沢山の施工事例が存在しています。お気軽にご相談ください。

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

ページトップへ