名古屋市守山区 - 昔の井戸を活かした特注噴水工事

昔の井戸を活かした特注噴水

工事仕様:手押しポンプ 特注噴水 工事住所:名古屋市守山区

手押しポンプ 特注噴水

既存の井戸を活かし、特注の噴水を設置しました。
井戸とは地面に穴を掘り、その穴の中に地下水を貯めて利用する施設のことです。水脈まで穴を掘れば、自然と水が湧いてくるので、水がある限り半永久的に水が利用できます。
昔は、集落には必ず井戸があり、とても重宝されてきました。人々は、水を汲みに行く度に、いろんな人との会話を楽しみ、その風景から『井戸端会議』という言葉が生まれました。井戸は、人々の生活を支えるためだけではなく、コミュニケーションの場として人と人との繋がりを大切にしてきたのです。

 

現在の日本において、井戸を見る機会は少なくなりましたが、井戸には様々なメリットがあります。 井戸水には使用料というものがないので、ポンプを作動させる電気代を除けば、タダで使用できます。
また、地下水は年中変わらず一定の水温を保っているので、夏は冷たく、冬は温かく感じられます。水仕事をする主婦の目から見れば、とても理想的な水なのです。
良質な地下水なら、薬品などで水処理する必要がないので、カルキ臭などが無い純粋な水を楽しむ事ができます。最近見直されている点は、手押しポンプなどを使用すれば、災害時でも水を確保することができるという点です。

 

こんなメリットのある井戸を埋めてしまうのはもったいないので、洋風な建物に合う噴水にしました。洋風でありながら、どこか蹲(つくばい)のようにも感じられます。手前の手押しポンプとともに、レトロな雰囲気を醸し出している噴水です。

その他の 池・川の施工事例

名古屋市守山区 には沢山の施工事例が存在しています。お気軽にご相談ください。

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

ページトップへ